超夜更かしだった主婦が朝型人間になるために実行した酵素の大切なこと35
ホーム > 注目 > 170センチになる方法

170センチになる方法

私は女性なので170センチになる方法は必要ないのですが、ダンナが170センチになったため、その過程をシェアしようと思います。

 

ダンナは相当身長コンプレックスが強くて、付き合った当時168センチだったので相当僻んでいたというか、いつも俺はチビなんて言ってました。

 

当時20歳だったからもう伸びないから諦めなって励ましていたけど、25歳まであきらめないといろいろやってました。

 

ダンナは当時からスケベでしたし、両親は父親がそこそこ大きい人なんです、母親は小柄。

 

ダンナの兄は176センチあり、結構ガタイもよく、弟のほうが小さいため余計コンプレックスなんですね。

 

ということで遺伝的にはまだ伸びそうなので最後のかけにでているということなのです。

 

で、結果はというと22歳で170センチようやく到達しました。

 

もう20年以上前の話なので、回想しますと、

 

運動が好きで子供とキャッチボールをしたり、サッカーをやっていましたね。

子供と遊びながら本人も運動をする。マラソンとかはやっていません。中学時代に剣道部でうさぎ跳びを散々やったそうです。

 

その時代からうさぎ跳びは各学校でも禁止となりましたので、同じような膝に負担がかかる運動はやらないと言っていました。

 

あと、足を伸ばす動作をやっていました。

 

ヨガが良い例ですが、あのような動きをやっていました。

 

さらに、怪しげな週刊誌に出てくる広告の身長アップ講座を申し込んでました。

 

29800円だったそうです。

 

朝晩と、ストレッチ系をやっていました。

 

よく続けるなと感心しました。その講座名が確か「サンマリノ、○○式」というものでヨガだったんです。

 

現代版のこれ??→http://xn--o20a.extrem.ne.jp/uejimasiki.html

 

ダンナは、ひょっとしたらこの人かもしれないと言っていましたが、似たような動きだそうです。

 

明確に覚えている自転車こぎの運動が入っていないため、削除したか、違うプログラムかはいまだに不明ですが、足を伸ばすような運動なのでどっちでもいいと思います。

 

2年ほど頑張っていて、何度もはがきでその講座に質問をしていました。今はメールがありましたが昔はわざわざサポートの回数券を使って郵便手紙をかいてました。

 

ここ大事で、諦めないことですね。ダンナはしつこいです。蛇のようです。結果が出るまで絶対やるという強い意志だけはもっていました。

 

170センチになるには、もちろん現在の身長にもよりますが、諦めないで身長に良いことを続けてください。

 

それで限界の年齢までやってみて、ようやく諦める。やりきる。これが大事だと思います。頑張ってください。